ホーム > イベント > イベント概要 > 第1回理研-北大-産総研「触媒研究」合同シンポジウム -知の発掘と革新触媒創造をめざすキャタリストインフォマティクス-

第1回理研-北大-産総研「触媒研究」合同シンポジウム -知の発掘と革新触媒創造をめざすキャタリストインフォマティクス-

講演会名 第1回理研-北大-産総研「触媒研究」合同シンポジウム -知の発掘と革新触媒創造をめざすキャタリストインフォマティクス-
開催日 2015年12月24日
開催場所 イイノホール Room A(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F)
参加人数 165名
概要

ものづくりの基盤を支えている「触媒研究」は、我が国の強みであり、今後さらにその強みに磨きをかけて行くことが求められている。日本の触媒研究を牽引する研究組織である北海道大学・触媒科学研究所、理化学研究所・環境資源科学研究センターおよび産業技術総合研究所・触媒化学融合研究センターは、国際競争に打ち勝つ強靭なイノベーションシステムの構築が求められているところ、触媒化学における研究成果の最大化を達成するべく連携を開始した。その目指すところは、「知の発掘」と「革新触媒の創造」であり、そのためのコンセプトとして「キャタリストインフォマティクス」を提唱し、将来へ向けた歩みを始めたところである。

今回は、その記念すべき第1回合同シンポジウムとして、各組織を代表する研究者が講演し、今後どのような「触媒研究」を展開し、どうやって産業界が求める課題を解決していくのかを論じます(今後の本合同シンポジウムの運営は、理研、北大、産総研の持ち回りで実施する)。

・開会挨拶 理化学研究所 小安重夫 理事
1.合同シンポ

・来賓挨拶 文部科学省 森晃憲 研究開発局審議官

・来賓挨拶 経済産業省              ・来賓挨拶 奈良先端科学技術大学院大学
星野岳穂 産業技術環境局審議官          村井眞二 特任教授
「国家基幹技術として「先進触媒技術」という「国家基幹技術として「先進触媒技術」という
概念の認知を」                   概念の認知を」
2.合同シンポ                  3.合同シンポ

 

・特別講演                     ・講演 産総研・人工知能研究センター
東京大学大学院工学系研究科           本村陽一 副研究センター長
橋本和仁 教授                     「次世代人工知能技術の研究開発
「科学者への期待と第5期科学技術          〜データ・知識融合, 現象のモデル化, 計算, 制御〜」
基本計画」
4.合同シンポ                  5.合同シンポ

 

・講演 北海道大学・触媒科学研究所    ・講演 産総研・触媒化学融合研究センター
朝倉清高 所長                   佐藤一彦 研究センター長
Catalyst Informatics             「触媒化学融合研究センターの概要と
触媒科学研究所の取り組みと今後」        キャタリストインフォマティクス」
6.合同シンポ                  7.合同シンポ

 

・講演 理化学研究所             ・特別講演 昭和電工(株)
環境資源科学研究センター            内田博 コーポレートフェロー
侯召民 副センター長                「キャタリストインフォマティクスへの期待」
「キャタリストインフォマティクスの実現に
向けた理化学研究所のポテンシャル」
8.合同シンポ                   9.合同シンポ

 

・閉会挨拶 北海道大学 網塚浩 総長補佐
1.

 

・懇親会

・開会挨拶&乾杯                ・閉会挨拶 理化学研究所
産総研 安永裕幸 理事              玉尾晧平 研究顧問
10.合同シンポ                    10.ゴウドウシンポ

 

・集合写真

11.集合写真

 

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2017 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.