ホーム > イベント > イベント概要 > 第52回講演会 名古屋大学 山下誠教授、京都大学 依光英樹教授

第52回講演会 名古屋大学 山下誠教授、京都大学 依光英樹教授

講演会名 第52回講演会 名古屋大学 山下誠教授、京都大学 依光英樹教授
開催日 2017年09月01日
開催場所 産総研第5事業所第2本館第4会議室(5-2-6603室)
参加人数 39人
概要

◆高反応性ホウ素化合物の特異な反応

名古屋大学大学院工学研究科
山下誠 教授

周期表において炭素の左側に位置する元素であるホウ素を含んだ化合物は合成化学において反応剤として広く利用され、その多くはルイス酸として作用することが広く知られている。これに対し、山下グループでは、嵩高い置換基を有するハロボランの還元により得られるボリルリチウムがアニオン性ホウ素求核種として反応することを見いだした。本講演では、ホウ素求核種の化学における最近の発展について発表がなされた。また、新規に合成された非対称型のMes置換diborane(4) 2および対称型のo-tol置換diborane(4)が示す特徴的な反応性についても合わせて紹介された。

 

 

 

 

◆芳香環メタモルフォシス

京都大学大学院理学研究科
依光英樹 教授

ベンゼンをはじめとする芳香環は安定であり、「一度作ったら壊さない、壊れない」が有機化学の常識である。本講演では、依光グループで展開される、芳香環を一部壊し、再構築する「芳香環メタモルフォシス」に関する研究に関して発表がなされた。例えば、新規触媒反応を開発することで、ジベンゾチオフェンからトリフェニレンへの芳香環メタモルフォシスに成功した。本手法が将来的に有機合成の新規合成戦略として確立すれば、ナノサイズのグラフェン様巨大π電子系分子の創出へとつながることが期待される。

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2017 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.