ホーム > イベント > イベント概要 > 第63回固体NMR・材料フォーラム/第1回AIST DNP NMRシンポジウム

第63回固体NMR・材料フォーラム/第1回AIST DNP NMRシンポジウム

講演会名 第63回固体NMR・材料フォーラム/第1回AIST DNP NMRシンポジウム
開催日 2018年05月31日
開催場所 産総研つくば中央共用講堂2F大会議室(講演会)、1Fホワイエ(ポスター会場)
参加人数 115名
概要

日時:2018年5月31日(木)午後1:00~2018年6月1日(金)午後3:40

場所:産総研つくば中央共用講堂2F大会議室(講演会)、1Fホワイエ(ポスター会場)

主催:固体NMR・材料フォーラム

共催:産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター

協賛:物質・材料研究機構(NIMS)

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)

NIMS微細構造解析プラットフォーム

 

昨年11月、ADMAT(先端素材高速開発技術研究組合)により産総研触媒センターにDNP NMRが導入され、研究が開始されました。この度、第63回固体NMR・材料フォーラムが産総研の担当で開催されるにあたり、ADMAT様のご協力のもと、DNP NMR装置の見学会を含めて二日間の日程とし、第一回AIST DNP NMR シンポジウムを併催させていただきました。はじめに浅川副センター長からDNP NMR導入の経緯についての説明、企業の方々から装置へのアクセス可能性についての短い説明があり、特に企業の研究者に対して産総研との連携を一層深めていただくよう、呼びかけが行われました。一日目の講演会はADMAT田越宏孝様より超超プロジェクトの概要と進捗についてのご講演を皮切りに、4件の口頭発表と産総研からの多数の参加者のご協力のもと、ポスター発表が行われました。二日目は本会参加のために来日いただいたスイス、ETHチューリッヒのChristophe Copéret先生にご講演いただいたほか、我が国へのDNP NMR導入にあたりご尽力いただきました阪大基礎工真島和志先生、国産DNP NMR装置の開発を中心的に担っておられるおひとり、阪大蛋白研の松木陽先生にもご講演を賜りました。115名の参加者、10件の口頭発表、19件のポスター発表を含めて盛会のうちに会を終えました。DNP 固体NMRをきっかけとして我が国の産業技術の力につないでいくための種がいくつも見出されそうな印象深い会でした。ご参加、ご協力いただきました皆様方に感謝いたします。

 

プログラム(敬称略)

【第一日】

  • 挨拶 産総研触媒センター 副センター長 浅川真澄
  • 超超プロジェクトの概要と進捗(ADMAT)田越宏孝
  • 17O MQMAS NMRによる触媒表面酸素種の観測(産総研触媒センター)高橋利和
  • 7Li NMRで測定する固体電解質におけるリチウム拡散(つくば大学)早水紀久子ほか
  • 自動車排ガス浄化触媒に用いるゼオライトの構造評価(秋田大学)小笠原正剛
  • 石炭とガラスの固体NMR(新日鐵住金)金橋康二

[ポスター発表]

[懇親会]

【第二日】

  • Development and application of through-bond and through-space correlation NMR experiments between spin-1/2 nuclei and quadrupolar nuclei in crystalline and amorphous solids.(産総研触媒センター)永島裕樹
  • DNP NMR at 16.4 T and 30 K – Instrumentation and Application(阪大蛋白研)松木 陽
  • Cluster chemistry of cerium and base metals: Synthesis and Catalysis(阪大基礎工)真島和志

10.Solid-state NMR a powerful tool to elucidate surface structure and to predict the reactivity of catalysts  (ETH Türich, Switzerland) Christophe Copéret,

[DNP NMR見学会]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演終了後集合写真

 

  

Coperet先生ご講演                懇親会の一コマ

 

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2019 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.

ページ先頭へ戻る