ホーム > お知らせ > 第2回 FlowSTシンポジウム 素材産業における「ものづくり」の将来像  ―人にやさしい社会の実現を目指して―

第2回 FlowSTシンポジウム 素材産業における「ものづくり」の将来像
 ―人にやさしい社会の実現を目指して―

我が国の素材産業を支えてきた「ものづくり」の10年後、20年後を見据えて、持続的に国際競争力を維持するためには、今何をするべきなのか。グローバル化した市場における製品のコモディティ化、低価格化の波を乗り切るには、どうすれば良いのか。「人に優しい社会づくり」という視点から、機能性素材の製造技術、製造設備の課題を浮き彫りにして、その解決策に関して議論いたします。

【開催概要】
・日 時: 2018年1月12日(金)13:30~17:40(開場13:00)
・会 場: イイノホール&カンファレンスセンター
(東京都千代田区内幸町2-1-1 霞ヶ関駅直結 https://www.iino.co.jp/hall/access/)
・主 催: 産業技術総合研究所 フロー精密合成コンソーシアム(FlowST) 日本を元気にする産業技術会議
・協 賛: 日本化学会、有機合成化学協会、日本プロセス化学会
・後 援: 日本経済新聞社
・定 員: 500名 ※定員になり次第、終了
・詳 細:FlowSTホームページ
・参加費: 無料
・参加登録締切:2018年1月5日(金)定員500名 (定員になり次第)
・参加申込方法:事前登録
・参加者事前Web受付:
申込はこちら

【プログラム】
13:00 開場
13:30 開会挨拶 村山 宣光 産総研理事 材料・化学領域 領域長
13:40 講演  「素材産業におけるイノベーションの役割と期待」
湯本 啓市 経済産業省素材産業課 課長
14:10 講演  「ものづくり経営学からみたプロセス産業」(仮題)
藤本 隆宏 東京大学教授
14:40 講演  「将来の「ものづくり」における我が国の化学産業のあり方とJACIの役割」(仮題)
石塚 博昭 新化学技術推進協会 会長 (三菱ケミカル株式会社相談役)
15:10 講演  「バッチから連続生産へのゲームチェンジ」
小林 修  産総研特定フェロー (東京大学教授)
15:40 休憩
16:00 パネルディスカッション
【モデレーター】永田 好生 日本経済新聞社編集委員
【パネリスト】 佐藤 一彦 FlowST会長 (産総研 触媒化学融合研究センター長)
小林 修、 藤本 隆宏、 石塚 博昭
17:30 閉会挨拶 佐藤 一彦
17:40 閉会

・問合先:305-8565 茨城県つくば市東1-1-1中央5-2
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
第2回FlowSTシンポジウム事務局
TEL  : 03-6812-8685
e-mail: 2-flowsympo-ml@aist.go.jp

第2回 FlowSTシンポジウムご案内

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2018 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.

ページ先頭へ戻る