トピックス

2017年07月27日 200年にわたる謎に終止符、ガラスの基本単位の構造を決定
2017年04月01日 永縄友規博士がケイ素化学チームに研究員として着任しました。
2017年04月01日 吉村彩研究員が愛媛大学工学部応用化学科に助教として栄転されました。おめでとうございます。
2017年02月17日 研究成果を更新しました。
2017年02月15日 『シロキサン結合のワンポット合成技術』に関する研究のイラストがACIEのフロントカバーピクチャーに採用されました。
2017年02月02日 『シロキサン結合のワンポット合成技術を開発』
2016年10月25日 『砂や灰などからケイ素化学の基幹原料を高効率に直接合成』
2016年09月26日 研究成果を更新しました。
2016年06月10日 Chem-Stationにて、『ヤヌスキューブの合成と構造決定に関する研究』が紹介されました。
2016年05月28日 『ヤヌスキューブの合成と構造決定に関する研究』がACIEのインサイドカバーピクチャーに採用されました。
2016年05月27日 『ヤヌスキューブの簡便な合成法を開発し、結晶構造の解析に成功 -2つの顔を持つケイ素と酸素からなる立方体-』
2016年03月25日 日本化学会第96春季年会にて、アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP)『天然資源としてのケイ素が鍵を握る機能性材料』を開催しました。
2015年10月01日 佐藤靖博士、別部輝生博士、吉村彩博士が研究員として着任しました。
2015年04月01日 松本和弘助教(九州大学)がケイ素化学チームに研究員として着任しました。
2014年09月24日 サイトをリニューアルしました
2014年05月20日 『砂の主成分であるシリカからケイ素化学産業の基幹原料を効率的に合成-有機ケイ素原料の省エネルギー・低コスト製造に新たな道- 』
2012年10月24日 有機ケイ素機能性化学品製造プロセス技術開発(ケイ素プロジェクト)が発足しました

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2013 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.