研究チーム > リサーチアシスタント(RA)

リサーチアシスタント(RA)

産総研は、優れた研究開発能力を持つ大学院生を産総研リサーチアシスタント(契約職員)として雇用します。雇用された大学院生は、産総研が実施している社会ニーズの高い研究開発プロジェクトに参画すると共に、その研究成果を学位論文に活用できます。産総研は、意欲ある大学院生が研究開発のプロフェッショナルとなることを資金面でも応援し、若手研究者を育成します。

研究テーマ

青柳 圭哉:高スピン錯体群の創製と触媒作用

青柳.図1概要:高スピン状態は、配位子場分裂の小さい3d金属錯体特有の電子状態である。3d金属錯体は反応の前後で容易にスピン反転を起こして、その反応性が劇的に変化するなどの理由から、その反応性に関しては未だに不明な点が多い。そこで本研究では、三脚型三座配位子により、錯体構造を高スピン状態が安定な四面体型に規定することで、高スピン型錯体種の反応化学を展開している。

自己PR: 趣味 / 読書、水泳

竹下智博:V字型三核反応場の創出と新規反応の開発

概要:「電子溜め」、「複数金属による協奏的な竹下.図1基質の活性化」といった多核錯体の性質を最大限に活かす、V字型三核反応場を構築し、それを利用することで、新規反応を開発することを目指す。

自己PR: 柏レイソル命

 

王志安(Zhian Wang):研究課題:塩化アリルのヒドロシリル化触媒の開発

 

王.図1概要:工業的に白金触媒を用いる塩化アリルのヒドロシリル化反応では、塩化アリルのC–Cl結合の切断が併発するため、選択性改善が大きな課題となっている。博士論文研究では、塩化アリルを含む種々のアリル化合物の選択的ヒドロシリル化を可能とする新しい触媒の開発に取り組んでいる。

自己PR:明るく楽天的で積極的な性格の私は中華料理が得意です。趣味は釣りと中国の古典楽器のニ胡を弾くことです。

石坂悠介:遷移金属シリル錯体の基礎的反応性解明とその応用

石坂.図1概要:シリル錯体は種々の触媒反応の重要中間体であるにもかかわらず、その生成機構や反応性は未解明な部分が多い。本研究では、コバルト錯体を主に用い、シリル錯体の生成機構およびその性質の詳細解明に取り組んでいる。
自己PR:大学を卒業したので、心機一転いじられキャラも卒業するぞ!!

 

袁昊昱:「二酸化炭素を化学原料とする有機合成法の開発」及び「藻類産生炭化水素の選択的官能基化」 

 

袁.図1概要:持続可能社会の構築が希求される中、「再生可能な有機資源からの化学基礎原料の製造システムの構築」は重要な課題である。これを解決するため、ホスゲン代替としての「二酸化炭素を用いたウレタン合成法の開発」及び藻類産炭化水素であるスクアレンを材料化するための「スクアレンのエポキシ化反応の開発」を行っている。

自己PR:水泳、ジョギング

 

 

 

 

奥田勇樹:藻類産炭化水素の選択的官能基化

 

奥田.図1概要:藻類バイオマス資源であるスクアレンを、選択的に変換する手法の開発に取り組んでいます。現在、過酸化水素を酸化剤とした効率的エポキシ化のための触媒の開発を行っています。

自己PR:趣味として競技かるたをしています。

 

 

 

畠山航平:高活性なC-N結合形成反応用固定化分子触媒の開発

 

畠山.図1概要:医薬品や農薬、電子材料等に幅広く利用されている芳香族アミン類は、Buchwald-Hartwig反応によって合成することができます。現在、この反応に利用できる固定化Pd錯体触媒の開発を行っています。
自己PR :原付バイクの分解と組み立てが得意です。エンジンのオーバーホールもできます。

深谷圭祐:テトラアルコキシシランの直接合成における共溶媒効果の研究
図1概要:当研究室で行っているテトラアルコキシシランの直接合成において、共溶媒には溶媒の気化を促進させる効果が期待されており、それによって反応温度を低下させ、より省エネルギーなプロセスの設計を可能になると考えられている。私の研究の目的は種々の共溶媒を用いた検討を行い、より反応に適した共溶媒と反応条件を見つけることである。
自己PR:周りの先輩たちに負けないくらい、若い頭をフル活用して研究に励みます。
白石一真:藻類産生炭化水素の選択的改質反応
1.白石.図1概要:藻類産生炭化水素である、スクアレン分子を固体触媒を用いて選択的に改質し、有用なイソプレノイドに改質する。スクアレン分子のイソプレン骨格を生かした改質手法の確立・反応経路の解明を今年の目標として、触媒調製・流通系反応装置を用いた反応検討を行っている。
自己PR: バスケットボールで培った、体力と根性で研究に邁進致します。
 稲見有莉 : 藻類バイオマスの化学変換による有用化学品合成
概要:地球環境改善の一つの方法として、オイルリファイナリ-からバイオリファイナリーへのシフトが挙げられます。
本研究では、藻類バイオマスから得られる化学物質を原料として官能基変換を行うことで、機能のより高い、有用な化学品の合成を行います。
自己PR:手先が器用で、折り紙が得意です。

先頭へ

メンバー

所属 氏名 メールアドレス
ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻)  青柳 圭哉 aoyagi.keiya*
 ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻)  竹下 智博  tomohiro-takeshita*
 ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻)  王 志安 (Zhian Wang) ou-05291026*
 ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻)  石坂 悠介  ishizaka-yusuke*
 触媒固定化設計チーム(筑波大学大学院)  袁 昊昱 en-kouiku*

 触媒固定化設計チーム(筑波大学大学院)  奥田 勇樹  y-okuda*
触媒固定化設計チーム(茨城大学大学院)  畠山 航平  k.hatakeyama*
 触媒固定化設計チーム(茨城大学大学院)  深谷 圭祐  k.fukaya*
 官能基変換チーム(筑波大学)  稲見 有莉 y.inami*
 固体触媒チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科)  白石 一真  kz.shiraishi*
  • ※後ろに「@aist.go.jp」を付けて下さい。

先頭へ

研究成果

 

 

 

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2013 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.