ホーム > 研究組織 > 研究チーム > 革新的酸化チーム

革新的酸化チーム

酸化反応は、石油やバイオマスなど各種資源から有用化学品を製造する際に不可欠な反応で、最も基本的な物質変換技術の一つです。しかし、これまで産業で使用されている酸化反応は、酸化剤(酸化させるために入れる試薬)に由来する廃棄物の処理コストがかかること、高エネルギー消費型反応であること、など、環境への負荷が高いものでした。このため、酸化剤のなかでも環境適合性の高いもの、具体的には空気や過酸化水素を使った、汎用性の高い革新的な酸化反応の確立が望まれています。当チームでは、さまざまな新規触媒や新規触媒反応を開発することで、クリーンかつ実用性の高い酸化技術を開発しています。
さらに、酸化技術の開発で培った触媒技術をもとに研究ターゲットを拡張し、現在では、化学品製造のための様々な触媒材料、触媒反応や分析技術を開発しています。世界最先端の触媒に関する基礎的知見を深く探っていくことはもとより、社会・産業のニーズに適合した環境低負荷な応用技術へと展開して、産業発展に資する先端技術を開発することを目指しています。

研究チーム長 今 喜裕(博士(理学))

研究テーマ

  • クリーン酸化技術
  • フッ素化学技術
  • 窒素化学技術
  • 二酸化炭素の活用を目指した触媒技術
  • 核磁気共鳴(NMR)技術

クリーン酸化技術

過酸化水素や酸素は、酸化反応進行後の廃棄物が水だけのため、クリーンな酸化剤と言われています。しかし、酸化力が弱いため、所望の反応を進行させるための触媒を開発しなければいけません。また、酸化反応は狙ったものを作ることが難しい反応としても知られています。反応条件を厳しくしすぎると、すべて燃えて二酸化炭素になってしまうためです。目的物を狙い通りに合成するための『高選択的な酸化技術』が実行可能である触媒が求められています。

当チームでは、反応に応じた最適な触媒を開発することで、高効率かつ実用的な酸化反応を開発してきました。錯体触媒としてはタングステン酸に添加剤を加えた触媒や配位子を工夫した鉄錯体、白金やパラジウムに添加剤を加え反応性を制御した触媒を開発しました。また、高分子ポリマー、金属酸化物、ゼオライトなど固体材料を触媒に用いる触媒反応の研究も共同研究を通して進めています。さらにこれら酸化技術をもとに、企業共同研究によって、特殊な構造を持つ機能性化学品原料にフォーカスした触媒反応を開発しています。

<研究開発のポイント>

・高選択的な触媒反応

・固体触媒と錯体触媒の用途に応じた活用

・簡便、大スケール合成、共同研究に応じた触媒の開発

 

主担当:今

フッ素化学技術

フッ素化学品は、冷蔵庫の冷媒をはじめ、塗料、衣料や電化製品の半導体材料に含まれており、身近な有用化学品です。

当チームでは、合成が特殊でプロセスとして難度の高い、フッ素化学品の製造方法の開発をおこなっています。特に、フッ素化学品製造のための新規な製造経路を開発することは、新製品の安定供給にもつながり社会への貢献度が極めて高いものです。具体的には、気相での触媒を用いるフッ素化反応などの合成技術を応用することで、冷媒や洗浄剤向けのフッ素化学品の開発を進めています。

<研究開発のポイント>

・大スケールに対応可能な実用的触媒技術を開発

・フロー式反応で連続生産できる

・フッ素化反応実施可能な設備とスキルの保有

 

主担当:権、田村

窒素化学技術

近年、アンモニア(NH3)は二酸化炭素を排出しない石油代替燃料として注目されており、ガスタービンや工業炉等への利用研究が行われています。しかし、NH3燃料は『難燃性』であり、有害な『窒素酸化物(NOx/N2O)を生成』する問題点を有しています。そのため、種々の燃焼器に利用するためには『燃焼開始温度の低下』とクリーンな『窒素(N2)と水(H2O)への選択的酸化(燃焼)』が求められます。

当チームでは、NH3燃料の課題を解決するために固体触媒を用いる『触媒燃焼法』の研究を進めています。触媒燃焼法をNH3燃料に適用することによって、低温燃焼性とN2選択性向上を達成できれば、NH3の燃料としての可能性が高まり、水素等の再生可能エネルギー利用社会の構築に貢献できます。

 

<研究開発のポイント>

・クリーンかつ高選択的な触媒燃焼反応

・一般的な材料と合成方法による『使える』触媒技術

・空気(窒素と酸素)の有効利用

 

主担当:日隈

二酸化炭素の活用を目指した触媒技術

太陽光エネルギーを貯蔵可能な化学エネルギーに変換することは、環境・エネルギーの観点のみでなく、触媒開発においても重要な課題です。この大きな課題を達成するためには、光エネルギーを利用して、豊富にある水、酸素や二酸化炭素といった小分子を活性化し、有用な物質に変換するような、高選択かつ高活性な触媒が必要です。

当チームでは特に、二酸化炭素を有用な化学原料や燃料に変換する触媒開発を行っています。均一系の金属錯体のみでなく、不均一系のナノ材料や半導体材料の開発も行っており、両方の視点から触媒を探索しています。また、種々の分光学装置などを用いて、反応過程の観測、中間体の検出や速度論解析を行い、メカニズムの解明も目指しています。

 

<研究開発のポイント>

・均一系の異種金属二核錯体を用いた反応開発

・不均一系ナノ材料の触媒開発

・触媒反応機構の解明、反応中間体の観測

 

主担当:洪

核磁気共鳴(NMR)技術

化学工業中の全プロセスの8割以上に使われている不均一系触媒は、そのほとんどがナノ構造体を含んでいます。このようなナノ構造体の構造と特性の関係を決定して、新材料を合理的に開発するには原子スケールの構造把握が不可欠です。固体NMR法は局所的な原子スケール情報を非破壊的に検出できる強力な分析法の一つです。

近年発展した動的核分極(DNP)-NMR法は不均一系触媒に新たな構造解析の機会をもたらしました。固体DNP-NMR法は高感度かつ表面構造を選択的に観測できます。これまでの固体DNP-NMR法では13C、15N、29Siの観測が中心でしたが、当チームでは新規パルスプログラムを開発することで、17O、33S、35Clをはじめ、様々な金属核(27Al、43Ca、47,49Ti、67Zn、91Zr、95Mo、119Sn、183W、195Pt、etc )の観測、原子核間の相関実験を可能にして、不均一系触媒の表面構造解析を進めています。

<研究開発のポイント>

・固体DNP-NMRによる多核測定

・新規固体NMRパルスプログラムの開発

・不均一系触媒の表面構造解析

 

主担当:永島

先頭へ

メンバー

2020年4月1日現在

役職 氏名 メールアドレス
研究チーム長 今 喜裕 y-kon
総括研究主幹(研究チーム付) 田村 正則 m-tamura
上級主任研究員 権 恒道 hengdao-quan
主任研究員 日隈 聡士 hinokuma-s
研究員 洪 達超 hong-d
研究員 永島 裕樹 nagashima-hiroki
産総研特別研究員 下山 祥弘 y-shimoyama
テクニカルスタッフ 中島 拓哉 takuya-nakashima
テクニカルスタッフ 張 呈平 chengping-zhang
テクニカルスタッフ 岡本 小百合 s-okamoto
テクニカルスタッフ 大篭 祐二 ohgomori-yuji
テクニカルスタッフ 黒澤 聡美 kurosawa-sato
テクニカルスタッフ 鶴見 翔太 s-tsurumi
テクニカルスタッフ 高田 昌和 takata-masakazu
テクニカルスタッフ 君島 優花 kimishima-yuka
テクニカルスタッフ 集田 雅美 masami.shuuta
テクニカルスタッフ 添谷  進 susumu.soeya
アシスタント 市川 洋子 y.ichikawa

*後ろに@aist.go.jpを付けて下さい。

 

先頭へ

研究成果

  • 論文 (2010- 国際誌)

63) Chemoselective Epoxidation of Allyloxybenzene by Hydrogen Peroxide Over MFI-Type Titanosilicate
Yoshihiro Kon, Takuya Nakashima, Dachao Hong, Xinyi Ji, Ryota Osuga, Satoru Ito, Tadahiro Fujitani, Kazuhiko Sato, and Toshiyuki Yokoi
Eur. J. Org. Chem. 2020, 2260-2263. (Chemistry EuropeのHot Topic: Sustainable Chemistryに選定)

 

62) Observation of Low-γ Quadrupolar Nuclei by Surface-Enhanced NMR Spectroscopy
Hiroki Nagashima, Julien Trébosc, Yoshihiro Kon, Kazuhiko Sato, Olivier Lafon, and Jean-Paul Amoureux
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 24, 10659–10672

 

61) Selective Observation of Chemical Structures at Surface and Core Regions of Heat-treated
Poly(Acrylonitrile) Films by Solid-State NMR Spectroscopy
Jiayang Ma, Hiroki Nagashima, Shijun Wang, Xiaoran Roger Liu, You-lee Hong, Rongchun Zhang, and
Toshikazu Miyoshi
Macromolecules 2019, 52, 21, 8384–8393

 

60) Probing Functionalities and Acidity of Calcined Phenylene-Bridged Periodic Mesoporous
Organosilicates Using Dynamic  Nuclear Polarization NMR, Diffuse Reflectance Infrared Fourier
Transform Spectroscopy, and X-ray Photoelectron Spectroscopy
Cyril Pirez, Hiroki Nagashima, Franck Dumeignil, Olivier Lafon
J. Phys. Chem. C. 2020, 124, 11, 6110–6120

CY008018_IBC_PUBLICITY Journal of Physical Chemistry C
vol.124, No.11(2020年)の
Supplementary Cover Artに当論文が採用されました。

 

59) Efficient Photocatalytic CO2 Reduction by a Ni(II) Complex Having Pyridine Pendants through
Capturing a Mg2+ Ion as  a Lewis-Acid Cocatalyst
Dachao Hong, Takuya Kawanishi, Yuto Tsukakoshi, Hiroaki Kotani, Tomoya Ishizuka, Takahiko Kojima
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 20309−20317

CY008018_IBC_PUBLICITY Jounal of The American Chemical Society  2019年12月号(Vol.141, No.51)の Supplementary Cover Art に当論文が採用されました。

 

58) Plasmonic Ag@TiO2 Core–Shell Nanoparticles for Enhanced CO2 Photoconversion to CH4

Dachao Hong, Lian-Ming Lyu, Kenji Koga, Yoshihiro Shimoyama, Yoshihiro Kon
ACS Sustainable Chem. Eng. 2019, 7, 18955−18964

CY008018_IBC_PUBLICITY Inorganic Chemistry ACS Sustainable Chemistry & Engineering誌 2019年12月号(Vol.7, No.23)の Supplementary Cover Art に当論文が採用されました。

 

57) Incorporation of Bulk Proton Carriers in Cubic Perovskite Manganite Driven by Interplays of Oxygen and Manganese Redox

Ning Wang, Satoshi Hinokuma, Toshiaki Ina, Hajime Toriumi, Misaki Katayama, Yasuhiro Inada, Chunyu Zhu, Hiroki Habazaki, and Yoshitaka Aoki,
Chem. Mater. 2019, 31, 8383−8393.

 

56)  Mechanistic Insight into Synergistic Catalysis of Olefin Hydrogenation by a Hetero-Dinuclear RuII-CoII Complex with Adjacent Reaction Sites

Dachao Hong, Yuji Ohgomori, Yoshihiro Shimoyama, Hiroaki Kotani, Tomoya Ishizuka, Yoshihiro Kon, Takahiko Kojima, Inorg. Chem. 2019, 58, 17, 11284-11288

CY008018_IBC_PUBLICITY Inorganic Chemistry 誌 2019年9月号の Supplementary Cover Art に当論文が採用されました。

 

55) Titania-Catalyzed H2O2 Thermal Oxidation of Styrenes to Aldehydes

Ito, S., Kon, Y., Nakashima, T., Hong, D., Konno, H., Ino, D., Sato, K., Molecules 2019, 24, 2520.

 

54) Epoxide as precatalyst for metal-free catalytic transesterification

Tanaka, S., Nakashima, T., Satou, N., Oono H., Kon, Y., Tamura, M., Sato, K., Tetrahedron Lett. 2019, 60, 2009.

 

53) Dehydrative Allylation of Amine with Allyl Alcohol by Titanium Oxide Supported Molybdenum Oxide Catalyst,

Kon, Y., Nakashima, T., Fujitani, T., Murayama, T., Ueda, W., Synlett 2019, 30, 287-292. (SYNFACTS, 2019, 15(05), 0533.)

 

52) Atmospheric chemistry for gas-phase reaction of cyc-CF2CF2CF2CHXCHX-(X=H or F) with OH radicals in the temperature range of 253-328K

Guo, N. Zhang, T. Uchimaru, L. Chen, H-d. Quan, J. Mizukado, Atmospheric Environment 2019, 215, 116895.

 

51) Synthesis of hydrofluorocycloolefins through dehydrofluorination of hydrofluoroalkanes in amide solvents

W-n. Zhang, C-p. Zhang, Q. Guo, F-n. Lv, H-d. Quan, J. Fluorine Chem. 2019, 226, 109342.

 

50) A novel vapor-phase synthetic route for fluorometaane toward highly efficient industrial production

  1. Yang, C-p. Zhang, H-e. Yang, H-d. Quan, Chemistry Select 2019, 4, 527-530.

 

49) Atmospheric chemistry of perfluoronitriles: Environmental impact and experimental evidence related to N2O and NO formation

  1. Guo, L. Chen, S. Kutsuna, H-d. Quan, J. Mizukado, Atmospheric Environment 2019, 198, 175-182.

 

48) Versatile etherification of alcohols with allyl alcohol by a titanium oxide-supported molybdenum oxide catalyst: gradual generation from titanium oxide and molybdenum oxide

Kon, Y., Fujitani, T., Nakashima, T., Murayama, T., Ueda, W., Catal. Sci. Technol. 2018, 8, 4618.

CY008018_IBC_PUBLICITY Catalysis Science & Technology 誌 2018年8月号の inside back cover に当論文が採用されました。

 

 

47) Synthesis of 1H-polychlorofluorocycloolefins

  1. Yang, C-p. Zhang, H-e. Yang, H-d. Quan, J. Fluorine Chem. 2018, 216, 96-101.

 

46) Deactivation of porous aluminum fluoride-supported nobel metallic catalysts used in the hydrodechlorination of 1-chlorohepatafluorocylopentene

F-y. Qing, C-p. Zhang, H-d. Quan, Greenhouse Gases: Science and Technology 2018, 8, 854-862.

 

45) Atmospheric chemistry of E-CF3CH=CHCF3: Reaction kinetics of OH radicals and products of OH-initiated oxidation

F-y. Qing, Q. Guo, N. Zhang, L, Chen , H-d. Quan, J. Mizukado, Chemical Physics Letter 2018, 706, 93-98.

 

44) Synthesis of hydrofluorocyclopentanes by vapor-phase catalytic hydrodehalogenation

F-y. Qing, C-p. Zhang, H-d. Quan, J. Fluorine Chem. 2018, 213, 61-67.

 

43) Kinetics, products, and mechanism for reaction of E-CF3CH=CHC2F5 with OH radicals in gas phase and atmospheric implications

  1. Guo, N. Zhang, T. Uchimaru, L. Chen, H-d. Quan, J. Mizukado, Atmospheric Environment 2018, 185, 7-14.

 

42) Isomerization of hydrofluorocyclopentenes promoted by fluoride anion

C-p. Zhang, Ni Zhang, X-q. Jia, N. Li, H-d. Quan, Green and Sustainable Chemistry 2018, 8, 115-129.

 

41) Atmospheric chemistry of cyc-CF2CF2CF2CH=CH-: Kinetics, products, and mechanism of gas-phase reaction with OH radicals, and atmospheric implications

  1. Guo, N. Zhang, T. Uchimaru, L. Chen, H-d. Quan, J. Mizukado, Atmospheric Environment 2018, 179, 69-76.

 

40) Mechanistic Insights into Homogeneous Electrocatalytic and Photocatalytic Hydrogen Evolution Catalyzed by High-Spin Ni(II) Complexes with S2N2-Type Tetradentate Ligands

Dachao Hong, Yuto Tsukakoshi, Hiroaki Kotani, Tomoya Ishizuka, Kei Ohkubo, Yoshihito Shiota, Kazunari Yoshizawa, Shunichi Fukuzumi, Takahiko Kojima

Inorg. Chem. 2018, 57, 12, 7180-7190

 

39) Observation of proximities between spin-1/2 and quadrupolar nuclei in solids: Improved robustness to chemical shielding using adiabatic symmetry-based recoupling.

Nagashima, A. S. Lilly Thankamony, J. Trebosc, L. Montagne, G. Kerven, J.-P. Amoureux, O. Lafon,

Solid State Nuclear Magnetic Resonance 2018, 94, 7-19

 

38) Quaternary Alkyl Ammonium Salt-Catalyzed Transformation of Glycidol to Glycidyl Esters by Transesterification of Methyl Esters
S. Tanaka, T. Nakashima, T. Maeda, M. Ratanasak, J. Hasegawa, Y. Kon, M. Tamura, K. Sato, ACS catal. 2018, 8, 1097-1103.

 

37) W-Ti-O Mixed Metal Oxide Catalyzed Dehydrative Cross-etherification of Alcohols
A.Yada, T. Murayama, J. Hirata, T. Nakashima, M. Tamura, Y. Kon, W. Ueda, Chem. Lett. 2018, 47, 447-449.

 

36) Machine Learning Approach for Prediction of Reaction Yield with Simulated Catalyst Parameters
A. Yada, K. Nagata, Y. Ando, T. Matsumura, S. Ichinoseki, K. Sato, Chem. Lett. 2018, 47, 284-287.

 

35) Palladium‐Catalyzed Dehydrogenative Coupling Reaction of Terminal Alkynes with Unactivated Alkenes
A. Yada, S. Nishi, Y. Sato, S. Ichinoseki, M. Murakami, J. Chin. Chem. Soc. 2018, 65, 117-121.

 

34) Visible-Light-Driven Photocatalytic CO2 Reduction by a Ni(II) Complex Bearing a Bioinspired Tetradentate Ligand for Selective CO Production

Dachao Hong, Yuto Tsukakoshi, Hiroaki Kotani, Tomoya Ishizuka, Takahiko Kojima

J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 19, 6538-6541

 

33) Seed-Assisted Synthesis of MWW-Type Zeolite with Organic Structure-Directing Agent-Free Na-Aluminosilicate Gel System
Y. Kamimura, K. Itabashi, Y. Kon, A. Endo, T. Okubo, Chem. Asian J. 2017, 12, 530-542.

 

32) Buttressing Salicylaldehydes: A Multipurpose Directing Group for C(sp3)􏰟-H Bond Activation
A. Yada, W. Liao, Y. Sato, M. Murakami, Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 1073-1076.

 

31) Metal-catalyzed hydrogen peroxide oxidation for synthesis of value-added chemicals
Y. Kon, J. Jpn. Petrol. Inst. 2017, 60, 159-169.

 

30) Copper-Catalyzed Selective Oxygenation of Methyl and Benzyl Substituents in Pyridine with O2
T. Abe, S. Tanaka, A. Ogawa, M. Tamura, K. Sato, S. Itoh, Chem. Lett. Accepted.

 

29) Direct Conversion of Glycerol to Allyl Alcohol Over Alumina-Supported Rhenium Oxide
Y. Kon, M. Araque, T. Nakashima, S. Paul, F. Dumeignil, B. Katryniok, ChemistrySelect 2017, 2, 9864-9868.

 

28) Synthesis of Z-1,1,1,4,4,4-hexafluoro-2-butenen from hexachlorobutadiene
Chengping Zhang, Xiaoqing Jia, Heng-dao Quan, J. Fluorine Chem. 191,77-83(2016).

 

27) Investigation on Cl-F exchange mechanism occurring at C(sp2) and C (sp3) orbitals of halogenated cyclopentene
Chengping Zhang, Feiyao Qing, Heng-dao Quan, Akira Sekiya, J. Fluorine Chem. 191 , 84-89(2016).

 

26) Mixed-picolinate and -Quinaldinate Iron(III) Complexes for Catalytic Oxidation of Alcohols with Hydrogen Peroxide
S. Tanaka, Y. Kon, A. Ogawa, Y. Uesaka, M. Tamura, K. Sato, ChemCatChem,  2016, 8, 2930-2938.

 

25) Cerium Complex-Catalyzed Oxidation of Arylmethanols under Atmospheric Pressure of Dioxygen and Its Mechanism through a Side-On m-Peroxo Dicerium(IV) Complex
M. Paul, S. Shirase, Y. Morimoto, L. Mathey, M. Balasubramanian, S. Tanaka, S. Ito, H. Tsurugi, K. Mashima, Chem. Eur. J., 22, 4008-4014 (2016). (Front Cover)

 

24) Iron-catalyzed Selective Oxidation of α,β-Unsaturated Aldehydes to α,β-Unsaturated Carboxylic Acids by Molecular Oxygen
S. Tanaka, Y. Kon, Y. Uesaka, R. Morioka, M. Tamura, K. Sato, Chem. Lett., 45, 188-190 (2016). (Editor’s Choice)

 

23) Isomerization of Halogenated Cyclopentene over a NH4F Catalyst
H-d. Quan, C-p. Zhang, R-z. Hu, F-y. Qing, ChemCatChem., 8, 1474-1478(2016).

 

22) Synthesis of 2,3,3,3-tetrafluoropropene via vapor-phase catalytic fluorination in presence of Cr-based catalys,
R-z. Hu, C-p. Zhang, D-p. Liu, H-d,Quan, J. Fluorine Chem., 185, 187-190(2016).

 

21) Therotical and experimental studies for preparing 1,1-dibromo-1,2,2,2-tetrafluoroethane on gas-phase bromination of 1,1,1,2-tetrafluoroethane,
R-z. Hu, C-p. Zhang, F-y. Qing, H-d. Quan, J. Fluorine Chem. 185, 91-95(2016).

 

20) Salt-Free Reduction of Nonprecious Transition-Metal Compounds : Generation of Amorphous Ni Nanoparticles for Catalytic C-C Bond Formation
T. Yurino, Y. Ueda, Y. Shimizu, S. Tanaka, H. Nishiyama, H. Tsurugi, K. Sato, K. Mashima, Angew. Chem. Int. Ed., 54, 14437-14441 (2015).

 

19) Kinetics of gas-phase reactions of cyc-CF2CF2CF2CHFCH2andtrans-cyc-CF2CF2CF2CHFCHF with OH radicals between 253 and328 K
N. Zhang, L. Chen, T. Uchimaru, F-y. Qing, J. Mizukado, H-d. Quan, H. Suda, Chemical Physics Letter, 639, 199-204(2015).

 

18) Synthesis of 1,1,2,2,3,3,4-heptafluorocyclopentane as a new generation of green solvent
C-p. Zhang, F-y. Qing, H-d.,Quan, A. Sekiya, J. Fluorine Chem., 181, 11-16(2015).

 

17) Study on the synthesis of toluene-2.4-diisocyanate via amine and carbonyl fluoride
N. Zhang, H-d. Quan, X-m. Zhou, A. Sekiya, J. Fluorine Chem. 178, 208-213(2015).

 

16) Syntheses of isocyanates via amines and carbonyl fluoride
Heng-dao Quan, Ni Zhang, Xiaomeng Zhou, Hua Qian, Akira Sekiya, J. Fluorine Chem. 176, 26-30(2015).

 

15) Rate constants for the gas-phase reactions of (Z)-CF3CH=CHF and €-CF3CH=CHF with OH radicals at 253-328K
N. Zhang, L. Chen, J. Mizukado, H-d. Quan, H. Suda, Chemical Physical Letters 621, 78-84(2015).

 

14) Telomerization of vinylchloride with chloroform initiated by ferrous chloride-dimethylacetamide under ultrasonic conditions
H. Qian, H-d. Quan, Advances in chemistry, Volume 2015, Article ID 637653, 4 Pages (2015).

 

13) Chemoselective Hydrogen Peroxide Oxidation of Allylic and Benzylic Alcohols under Mild Reaction Conditions Catalyzed by Simple Iron-picolinate Complexes
S. Tanaka, Y. Kon, T. Nakashima, K. Sato, RSC Adv., 4, 37674-37678 (2014).

 

12) Selective Hydrogen Peroxide Oxidation of Sulfide to Sulfoxides or Sulfones with MWW-type Titanosilicate Zeolite Catalyst under Organic Solvent-free Conditions
Y. Kon, T. Yokoi, M. Yoshioka, S. Tanaka, Y. Uesaka, T. Mochizuki, K. Sato, T. Tatsumi, Tetrahedron, 70, 7584-7592 (2014).

 

11) Chemoselective Palladium-Catalyzed Oxidation of Vinyl Ether to Acetate Using Hydrogen Peroxide
Y. Kon, S. Tanaka, T. Nakashima, K. Sato, H. Shimada, J. Chin. Chem. Soc. (Special Issue for Green & Sustainable Chemistry), 61, 749-756 (2014).

 

10) Practical Iron-Catalyzed Hydrogen Peroxide Epoxidation of Aromatic Olefins using as Combination of Two Kinds of Simple Picolinate Ligands under Halide-Free Reaction Conditions
T. Chishiro, Y. Kon, T. Nakashima, M. Goto, K. Sato, Adv. Synth. Catal., 356, 623-627 (2014).

 

9) Selective oxidation of bulky sulfides to sulfoxides over titanosilicates having an MWW structure in the presence of H2O2 under organicsolvent-free conditions
Y. Kon, T. Yokoi, M. Yoshioka, Y. Uesaka, H. Kujira, K. Sato, T. Tatsumi, Tetrahedron Lett., 54, 4918-4921 (2013).

 

8) Pt-Catalyzed Oxidative Rearrangement of Cyclic Tertiary Allylic Alcohol to Enones Using Aqueous Hydrogen Peroxide
T. Nagamine, Y. Kon, K. Sato, Chem. Lett., 41, 744-746 (2012).

 

7) Development of Oxidation Systems Using Hydrogen Peroxide for Synthesis of Fine Chemicals
Y. Kon, T. Chishiro, H. Uchida, K. Sato, H. Shimada, Journal of the Japan Petroleum Institute, 55, 277-286 (2012).

 

6) Unique Salt Effect on Highly Selective Syntheses of Acid-Labile Terpene and Styrene Oxides with Tungsten-H2O2 Catalytic System under Acidic Aqueous Conditions
H. Hachiya, Y. Kon, Y. Ono, K. Takumi, N. Sasagawa, Y. Ezaki, K. Sato, Synthesis, 44, 1672-1678 (2012).

 

5) Synthesis of microporous fluorinated chromia with a sharp pore distribution.
X-q. Jia, H-d. Quan, M. Tamura, A. Sekiya, RSC Adv., 2012, 2(16), 6695-6700(2012).

 

4) Unique Salt Effect on the High Yield Synthesis of Acid-Labile Terpene Oxides Using Hydrogen Peroxide under Acidic Aqueous Conditions
H. Hachiya, Y. Kon, Y. Ono, K. Takumi, N. Sasagawa, Y. Ezaki, K. Sato, Synlett, 2819-2822 (2011).

 

3) An Effective Synthesis of Acid-Sensitive Epoxides via Oxidation of Terpenes and Styrenes using Hydrogen Peroxide under Organic Solvent-free Conditions
Y. Kon, H. Hachiya, Y. Ono, T. Matsumoto, K. Sato, Synthesis, 1092-1098 (2011).

 

2) Palladium-catalyzed oxidation of vinyl ether to acetate with hydrogen peroxide
Y. Kon, T. Chishiro, D. Imao, T. Nakashima, T. Nagamine, H. Hachiya, K. Sato, Tetrahedron Lett., 52, 6739-6742 (2011).

 

1) Preparation of cis-1,1,1,4,4,4-hexafluorobut-2-ene by cis-selective semi-hydrogenation of perfluoro-2-butyne
X-q. Jia, X-m. Zhou, H-d. Quan, M.Tamura, A.Sekiya, J. Fluorine Chem., 132, 1188-1193 (2011).

  •  受賞

 

8)    日隈聡士  一般財団法人田中貴金属記念財団 2019 年度「貴金属に関わる研究助成金」奨励賞、
2020年3月

 

7)  今喜裕 他、 Hot Topic: Sustainable Chemistry(Eur. J. Org. Chem)、
2020年4月

 

6)  永島 裕樹、日本核磁気共鳴学会若手ポスター賞、
半整数四極子核のDNP-NMR信号取得の高速化、
2019年11月

 

5)  今喜裕 他、Synfactsに選出
Dehydrative allylation of amine with allyl alcohol by titanium oxide supported molybdenum oxide catalyst、
2019年4月

 

4)  洪達超、GSC8(国際学会)ポスター賞
2017年7月

 

3)  今喜裕、平成28年度石油学会奨励賞、
過酸化水素を用いるエポキシ化合物合成技術の開発と電子材料への応用、
2016年5月

 

2)  今喜裕、一般社団法人触媒学会平成26年度奨励賞
2015年3月

 

1)  今 喜裕 他  JACI第3回GSC奨励賞(住友精化株式会社と共同受賞)
過酸化水素を酸化剤に用いるクリーン酸化技術の機能化学品への展開、
2014年5月

 

  • 特許 (単願のみ、主なものを記載)

 

「アルケン類の酸化方法」、田中真司、今喜裕、田村正則、佐藤一彦、山根祥吾、水門潤治、特願2016-217861
「ホルミルピリジン類の製造方法」、田中真司、田村正則、佐藤一彦、伊東忍、阿部司、特願2016-116314
「グリシジルエステルの製造方法」、田中真司、今喜裕、田村正則、佐藤一彦、特願2016-039518
「セリウムペルオキソ錯体」、田中真司、田村正則、浅川真澄、佐藤一彦、真島和志、劒隼人、Mitali Paul、白瀬賢、特願2016-023724
「α, β-不飽和カルボン酸類の製造方法」、田中真司、今喜裕、田村正則、佐藤一彦、特願2015-089757
「α、β-不飽和カルボニル化合物の製造法」、田中真司、今喜裕、佐藤一彦、特願2013-263609
「α、βー不飽和ケトンの製造方法」、今喜裕、長峰高志、佐藤一彦、特願2011-091047
「スチレンオキシド化合物の製造方法」、千代健文、今喜裕、佐藤一彦、特願2010-117110
「スチレンオキシドの製造方法」、今喜裕、小野豊、佐藤一彦、特願2009-144798

 

  • プレス発表 (2012 -)

 

2018年5月31日、化学工業日報に、革新的酸化チーム 今 喜裕チーム長による、機能化学の製造に関する研究成果の記事が掲載されました。

 

2018年5月30日、日経産業新聞7面に、革新的酸化チーム 今 喜裕チーム長による、機能化学の製造に関する研究成果の記事が掲載されました。

 

「小さな触媒格納庫-非晶質ニッケルナノ粒子の特異な触媒機能を初めて明らかに-」 、百合野大雅、清水禎樹、田中真司、劒隼人、佐藤一彦、真島和志、2015年10月5日:
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2015/pr20151005/pr20151005.html

 

「過酸化水素を用いたニトロキシドポリマーの新たな製造法」、今喜裕、佐藤一彦、2013年6月5日:
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2013/pr20130605/pr20130605.html

 

「導電性接着剤に用いる塩素フリーの高純度エポキシ化合物を開発」、今喜裕、佐藤一彦、富永健一、 2013年6月3日:
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2013/pr20130603/pr20130603.html

 

「電子機器の長期信頼性に貢献するエポキシ樹脂の製造技術ー過酸化水素を用いた酸化技術によるクリーンな  合成法ー」今 喜裕、清水政男、佐藤 一彦、2012年9月18日:
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20120918/pr20120918.html

 

「テルペンを安全かつ高効率にエポキシ化する技術を開発- 環境負荷の少ない過酸化水素を用いた酸化技術-」、今 喜裕、佐藤 一彦、2012年5月29日:
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20120529_2/pr20120529_2.html

 

  • 著書など (2012- 主なもの)

 

「環境共生化学によるものづくり 世界をリードする触媒技術が低環境負荷社会を実現する 」、田中真司、佐藤一彦、工業材料、Vol. 64、No. 9、45-48 (2016).

 

「ボトムアップ型酸化物触媒の開発動向」、劒隼人、真島和志、田中真司、触媒技術の動向と展望2016、17-25 (2016).

 

「酸素を”資源”とするファインケミカル合成―そして再び酸素酸化へ―」、田中真司、佐藤一彦、月刊化学、Vol. 70、No. 11、64-65 (2015).

 

「過酸化水素を酸化剤に用いるクリーン酸化技術の機能化学品への展開」、橋本瞬、金原祐治、藤本信貴、今喜裕、佐藤一彦、触媒、Vol. 57、NO. 5、262-266 (2015).

 

「過酸化水素酸化によるオレフィンのエポキシ化-機能性化学品製造に有用な技術の開発-」、田中真司、今喜裕、田村正則、佐藤一彦、ファインケミカル、Vol. 44、No. 9、13-20 (2015).

 

「過酸化水素を酸化剤に用いるクリーン酸化技術の機能性化学品への展開」、橋本瞬、金原祐治、藤本信貴、今 喜裕、佐藤一彦、ファインケミカル、Vol. 44、No.5、37-42 (2015).

 

「最適触媒を用いた過酸化水素酸化技術によるハロゲンフリーエポキシ化」、今喜裕、田中真司、佐藤一彦、エレクトロニクス用エポキシ樹脂の”特性改良”と”高機能/複合化”技術、株式会社技術情報協会、158-161 (2015).

 

「過酸化水素を用いるクリーンで実用的な酸化技術ー新規触媒の開発とファインケミカルズへの展開ー」、今喜裕、田中真司、佐藤一彦、Synthesiology 、8、15-26 (2015).

 

「過酸化水素を用いた半導体封止用エポキシ樹脂の合成技術」、今 喜裕、内田 博、佐藤 一彦、機能材料、33、40-45 (2013).

 

「化学の要点シリーズ1 酸化還元反応 I部 酸化」、佐藤一彦、共立出版、2012年1月.

 

「 NOYORI OXIDATION」、Y, Kon, K. Sato, ELECTRONIC ENCYCLOPEDIA OF REAGENTS FOR ORGANIC SYNTHESIS (2012)

 

「過酸化水素関連技術の現状と将来展望」、今 喜裕、佐藤 一彦、化学と工業、65、864-865 (2012).

 

「過酸化水素でクリーンな酸化技術」、今 喜裕、日刊工業新聞 科学技術・大学、2012年、12月

 

 

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2020 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.