センター講演会開催概要 > 北大-産総研合同シンポジウム「持続可能社会を築く触媒技術の可能性」

北大-産総研合同シンポジウム「持続可能社会を築く触媒技術の可能性」

講演会名 北大-産総研合同シンポジウム「持続可能社会を築く触媒技術の可能性」
開催日 2014年08月29日
開催場所 北海道大学 創成科学研究棟 5階大会議室(札幌市北区北21条西10丁目)
参加人数 63名
概要

北海道大学・触媒化学研究センターと産総研・触媒化学融合研究センターは、触媒研究に関する連携を強化するため、北大触媒センター内に当研究センターのサテライトラボ(コーポレートユニット)を設置しました(当研究センターより客員教授2名)。

また、産総研内の触媒研究者を集めて分野間の壁を取り払い協働・融合により挑戦的課題へ挑むために材料・製造フォーラムに 「触媒創造の自動化を目指す分科会」(触媒分科会)を新設しました。

北大との連携企画と触媒分科会の会合を合わせて実施するために、8月29日北海道大学にて北大-産総研合同シンポジウム「持続可能社会を築く触媒技術の可能性」を開催しました。なお、本合同シンポジウムの開催には、北大との包括的協定に基づく連携協議会事務局並びに産総研・北海道センターの皆様に多大な協力を頂きました。

 

● 開会挨拶:
  朝倉清高
   (北大 触媒化学研究センター長)
DSC_5575

講演会

● 福岡 淳                      ●田村 具博
(北大 触媒化学研究センター教授)      (産総研 生物プロセス研究部門長)
「固体触媒によるバイオマス変換と       「放射菌を用いたビタミンD水酸化」
低温エチレン酸化」
朝倉DSC_5592                    3.       

● 中野 環                       ●佐藤 一彦
(北大 触媒化学研究センター教授)       (産総研 触媒化学融合研究センター長)
「還元・酸化反応のためのπスタック型      「過酸化水素酸化触媒の開発と
高分子錯体触媒の開発」                   産学官連携による実用化」
4.                     5.

●  西田 まゆみ                   ●富永 健一
(北大 触媒化学研究センター教授)       (産総研 触媒化学融合研究センター研究チーム長)
「実用化基盤技術開発部の活動」         
「シーズとニーズの融合による触媒開発:
==================== CO2利用反応を一例として」
6.                     7.                                                    

●  まとめ:
  小林 哲彦
  (産総研 環境・エネルギー分野 研究統括)
8.

ポスターセッション
改9.4        4.改9.

集合写真
集合写真DSC_5720

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2013 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.