ホーム > 研究組織 > リサーチアシスタント(RA)

リサーチアシスタント(RA)

産総研は、優れた研究開発能力を持つ大学院生を産総研リサーチアシスタント(契約職員)として雇用します。雇用された大学院生は、産総研が実施している社会ニーズの高い研究開発プロジェクトに参画すると共に、その研究成果を学位論文に活用できます。産総研は、意欲ある大学院生が研究開発のプロフェッショナルとなることを資金面でも応援し、若手研究者を育成します。

研究テーマ

Monika GautamC-X Bond Cleavage by PNNP-Ph 3d metal complex

概要:C-X Bond Cleavage by Fe(0) PNNP-Ph complex

Fe(0) PNNP-Ph catalyst has been proved to cleave Si-X bond in previous reports. Therefore, Fe(0) PNNP-Ph catalyst is employed to cleave C-X bond.

Main Features of Fe(0)PNNP-Ph catalyst : Radical mechanism

自己PR: Cooking, Singing, Dancing, Writing and Reading blogs and poems,
Travelling, Painting , Photography etc

Jheng, Nai-Yuan:Development of Cross-Coupling Reactions Catalyzed by PNNP-3d Metal Complexes.

概要:1.The mechanism of bond cleavage for R-X (R=alkyl, aryl, and silyl; X=halides).

2.For a proposed radical mechanism, the behaviors to apply radical traps (e.g. TEMPO, DPPH, Galvinoxyl, etc.) in this system should be studied.

3. broad substrate scope is necessary to study fort the dechlorination of Ar-Cl.

自己PR: 

 

 
 WANG  TAO: The hydrogenation of chlorosilane by Co-PNNP complexes
 
 概要:電子供与性の強い4座PNNP配位子を有するCo(I)価錯体が強固なSi-Cl結合を切断することができる。また、その錯体を芳香族化した後、MLC効果を示すことが発見された。それらの研究を基づいて、本研究はCo-PNNP錯体を利用してOne stepで水素との反応によるクロロシランからヒドロシランへの合成法の開発を目的に研究を行う。

自己PR: Cooking

 


Ye Jingjing:
光学活性機能性リン化合物の合成に関する研究
自己PR: 水泳、ランニング

 

 

Jian-Qiu Zhang:C-Hなどの活性化に基づく機能性リン化合物の合成の研究に従事する。
自己PR: 趣味は歌います。

 

 

 

池田 曜:二酸化炭素とアルコキシシラン原料とする炭酸ジエチルの直接的合成法の開発
 
概要:地球温暖化の主因である二酸化炭素を原料に用いることで、環境に優しい合成法を実現するだけでなく、猛毒なホスゲンを原料とする現工業的製造法の代替法としての開発を目指している。本研究では触媒存在下で二酸化炭素と様々なアルコキシシランを原料とした直接的な炭酸ジエチルの合成を行っている。
自己PR:服とスニーカーが好きです。 

 

 

 

 

 

石坂 悠介:金属錯体の担体への直接固定化とその触媒作用に関する研究

概要:我々の身近な化成品合成において、反応を加速させる触媒は重要な役割を果たしている。種々の触媒が開発される中、不溶性担体へ分子触媒を固定化した固定化触媒は、目的物との分離が容易かつ、緻密な触媒設計が可能であることから注目されている。しかし、詳細な反応追跡は依然として困難である。そこで本研究では、反応追跡および反応機構の理解が可能な固定化触媒系の開発を目的に研究を行っている。
自己PR:自分のバックグラウンドを生かして、博士課程を走り抜けたいです!!

 

 

林 暁涛:N系配位子を持つ固定化錯体の合成と有機合成への応用

 

概要:金属錯体を革新的な担体であるビピリジン-メソポーラス有機シリカ(Bpy-PMO)に固定化することで、触媒活性や選択性が高く、回収・再利用が容易な固定化触媒の開発を目指す。また、開発した固定化触媒を用いて、二酸化炭素を原料とする効率的な有機合成反応の開発を行っている。

自己PR:パソコンや登山が好きです。

 

 

 

陳 銘予:亜鉛触媒を用いた、アミン、CO2、シリケートからのカルバメート合成反応の反応機構解析

 

概要:当研究室はシリケートを用いた新しい有機カルバメート合成法を開発した。しかしならが、現在のところ反応機構を明確に支持する直接的な証拠がない。本研究はNMRによる中間体の直接観測、中間体の別途合成、単離、単結晶X線構造解析という実験的手法とGaussianを用いたDFT計算による反応機構探索という理論計算を組み合わせて反応機構を解明する。
自己PR: パソコンが好きです。

 

 

先頭へ

メンバー

所属 氏名 メールアドレス
ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻) Monika Gautam moni2195.gautamkome*
 ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻) JhengNai-Yuan ny.jheng*
 ケイ素化学チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻) 王  涛 ( Ou Tou ) ou-tou1965378*
ヘテロ原子化学チーム(筑波大学大学院) Ye Jingjing ye.jingjing*
ヘテロ原子化学チーム(筑波大学大学院) Jian-Qiu Zhang jianqiu-zhang*
ヘテロ原子化学チーム(茨城大学) 池田 曜 ikeda-aiai0723*
 触媒固定化設計チーム(筑波大学大学院数理物質科学研究科) 石坂 悠介  ishizaka-yusuke*
触媒固定化設計チーム(筑波大学大学院) 林 暁涛 xiaotao.lin*
触媒固定化設計チーム(筑波大学大学院) 陳 銘予(chen  mingyu) chen.970619*
  • ※後ろに「@aist.go.jp」を付けて下さい。

先頭へ

研究成果

 

 

 

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2021 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.