お知らせ

お知らせ

2017年03月10日 ヘテロ原子化学チーム 韓 立彪チーム長がGreen Chemistry 誌に発表した論文が2017 Green Chemistry Hot Articlesに選ばれました。
2017年03月03日 官能基変換チーム 根本耕司 研究員が高分子学会・エコマテリアル研究会においてポスター賞を受賞しました。
2017年02月28日 「生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム」ホームページ公開のお知らせ
2017年02月15日 ケイ素化学チーム 松本和弘研究員がAngewandte Chemie International Edition 誌に発表した論文がVIP (Very Important Paper)に選ばれました。
2017年02月02日 シロキサン結合のワンポット合成技術を開発
2017年02月01日 産総研コンソーシアム「生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム」設立のお知らせ
2017年02月01日 礒田博子教授(筑波大学生命環境系)がクロスアポイントメントフェローとして着任しました。
2017年01月04日 井上朋也研究チーム長(エレクトロニクス・製造領域 集積マイクロシステム研究センター 化学バイオインターフェース研究チーム)が革新的酸化チームに研究チーム付きとして兼務で着任しました。
2017年01月04日 甲村長利主任研究員(前機能化学研究部門)が固体触媒チームに着任しました。
2017年01月04日 今喜裕主任研究員が経済産業省素材産業課への出向より革新的酸化チームに帰任しました。
2016年11月11日 第8回TIAシンポジウム 開催報告
2016年11月01日 筑波大学洪達超特別研究員が卓越研究員として革新的酸化チームに着任しました。
2016年10月25日 砂や灰などからケイ素化学の基幹原料を高効率に直接合成
2016年10月05日 ミニシンポ「機能性バイオ:微細藻類と未活用生物資源」開催のお知らせ
2016年10月01日 真島和志教授(大阪大学大学院基礎工学研究科)がクロスアポイントメントフェローとして着任しました。
2016年09月30日 第1回FlowSTシンポジウム開催
2016年09月21日 中鉢理事長の論説「化学界がリードする新しい産業連関の構築」が掲載されました。
2016年09月12日 官能基変換チーム・根本研究員の東日本大震災・復興支援活動がWako Organic Squareで取り上げられました。
2016年08月24日 第2回 北大-理研-産総研「触媒研究」合同シンポジウム    ー持続可能社会実現に向けたキャタリストインフォマティクスー
2016年08月05日 原町高校・相馬高校の皆さんが産総研を訪問しました。
2016年08月10日 広島大学・大下研究室との技術交流会が行われました。
2016年08月05日 第3回FlowSTワークショップを開催しました。
2016年07月19日 台湾工業技術研究院(ITRI)材料與化工研究所(MCL)より6名の研究者が来所し、技術交流についての意見交換を行ないました。
2016年07月12日 官能基変換チームの発表したポスターがBest Poster Awardを受賞しました。
2016年07月07日 慶應義塾大学商学部井口ゼミ生へアウトリーチ活動を行いました。
2016年07月01日 小林修教授(東京大学大学院理学系研究科)がクロスアポイントメントフェローとして着任しました。
2016年06月01日 固体触媒チーム白石一真さんがRAとして採用されました。
2016年05月30日 5/27 群馬大-産総研プレス発表報道状況
2016年05月27日 『ヤヌスキューブの簡便な合成法を開発し、結晶構造の解析に成功 -2つの顔を持つケイ素と酸素からなる立方体-』
2016年05月09日 官能基変換チーム 根本耕司研究員が南相馬市で触媒に関する実験教室を行いました
2016年05月06日 官能基変換チーム井戸洋平特別研究員が優秀講演賞(産業)を受賞しました。
2016年05月02日 ケイ素化学チーム竹下智博さん、青柳圭哉さん、触媒固定化設計チーム奥田勇樹さんがRAとして採用されました。
2016年04月25日 第2回FlowSTワークショップを開催しました。
2016年04月22日 3/23 プレス発表報道状況
2016年04月01日 農水省農林水産技術会議事務局に出向していた宮澤朋久主任研究員が固体触媒チームに着任しました。
2016年04月01日 材料・化学領域研究戦略部 研究企画室に出向していた五十嵐正安主任研究員がヘテロ原子化学チームに帰任しました。
2016年04月01日 筑波大学市塚知宏特別研究員が固体触媒チームに研究員として着任しました。
2016年04月01日 京都大学矢田陽助教が革新的酸化チームに研究員として着任しました。
2016年04月01日 筑波大学と産業技術総合研究所のクロスアポイントメントに川島英久助教、佐々木一憲研究員が着任しました。
2016年04月01日 北海道大学安田友洋准教授が平成28年度NRP 育成対象者に選定され、4月1日より当研究センターに派遣されることとなりました。
2016年04月01日 ヘテロ原子化学チーム内丸祐子主任研究員が総括主幹として総務本部ダイバーシティ推進室に出向しました。
2016年04月01日 ケイ素化学チーム大森悠さん、革新的酸化チーム大図慎吾さんが平成28年度産総研イノベーションスクールポスドク生として採用されました。
2016年04月01日 官能基変換チーム岡本真未さんがRAとして採用されました。
2016年03月31日 国際化学オリンピックに向けた強化訓練合宿に触媒化学融合研究センターが協力しました。
2016年03月23日 ニッケル化合物を用いた簡便なシアノ化反応の開発-猛毒のシアン化物を用いないニトリル化合物の製造法-
2016年03月23日 第1回FlowSTワークショップを開催しました。
2016年02月25日 革新的酸化チーム今喜裕主任研究員が石油学会奨励賞を受賞しました。
2016年02月08日 革新的酸化チーム 田中真司研究員がChemistry Letters 誌に発表した論文が優秀論文(Editor’s Choice)に選ばれました。
2016年01月04日 革新的酸化チーム今喜裕主任研究員が経済産業省(企画本部総合企画室)に出向しました。
2015年12月15日 Nanotech CUPAL 平成28年度NRP(ナノテクリサーチプロフェッショナル)コース育成対象者の募集開始のお知らせ
2015年11月24日 ヘテロ原子化学チーム 韓 立彪チームリーダーが第25回つくば奨励賞( 実用化研究部門 )を受賞いたしました。
2015年11月13日 第1回理研-北大-産総研「触媒研究」合同シンポジウムのご案内    -知の発掘と革新触媒創造をめざすキャタリストインフォマティクス-
2015年11月12日 「藻類バイオマス国際シンポジウム」開催のご案内
2015年11月01日 筑波大学と産業技術総合研究所の間でクロスアポイトメントを開始しました。
2015年10月22日 第12回江崎玲於奈賞・第26回つくば賞・第25回つくば奨励賞授賞式・受賞記念講演会のご案内
2015年10月07日 10/5 阪大-産総研プレス発表報道状況
2015年10月05日 小さな触媒格納庫 -非晶質ニッケルナノ粒子の特異な触媒機能を初めて明らかに-
2015年10月01日 固定化設計チーム袁昊昱さん、稲葉祐也さんがRAとして採用されました。
2015年10月01日 佐藤靖博士、別部輝生博士、吉村彩博士が研究員として着任しました。
2015年10月01日 産総研コンソーシアム「フロー精密合成コンソーシアム  (略称FlowST)」設立のお知らせ 
2015年09月24日 筑波大学との新しい仕組みでの研究員共同公募選考採用  -クロスアポイントメントを活用した筑波大学と産業技術総合研究所との新たな研究推進-
2015年09月18日 産総研研究職員の公募を開始しました(応募締切10月21日(水)17時)。
2015年07月09日 名誉リサーチャー濵田秀昭氏が公益社団法人自動車技術会より2014年度技術部門貢献賞を受賞いたしました。
2015年05月07日 ヘテロ原子化学チーム 韓立彪研究チーム長が文部科学省より平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました
2015年04月01日 北海道大学と産業技術総合研究所の間でクロスアポイトメントを開始しました。
2015年04月14日 産総研研究職員の募集を開始しました(応募締切5月27日)。
2015年04月01日 ケイ素化学チーム中村豪さんが産総研イノベーションスクールポスドク生として採用されました。
2015年04月01日 松本和弘助教(九州大学)がケイ素化学チームに研究員として着任しました。
2015年04月01日 谷田部哲夫主任研究員(前ナノシステム研究部門)がヘテロ原子化学チームに着任しました。
2015年04月01日 固体触媒チーム(藤谷忠博研究チーム長)を設置しました。
2015年04月01日 田村正則総括研究主幹が革新的酸化チームの研究チーム長に就任しました。
2015年04月01日 触媒固定化設計チームの安田弘之研究チーム長が総括企画主幹として企画本部へ出向しました。
2015年04月01日 崔準哲主任研究員が触媒固定化設計チームの研究チーム長に就任しました。
2015年04月01日 有村隆志上級主任研究員(前ナノシステム研究部門)が官能基変換チームに着任しました。
2015年04月01日 ヘテロ原子化学チームの五十嵐正安主任研究員が企画主幹として材料・化学領域、研究戦略企画室へ出向しました。
2015年03月24日 革新的酸化チーム 今喜裕主任研究員が触媒学会より平成26年度奨励賞を受賞いたしました
2015年02月05日 二酸化炭素からポリウレタン原料を合成 [ PDF:519KB ] (産総研 TODAY 2015.2 VOL.15-2)
2015年01月22日 産総研特別研究員(第1号契約職員)募集中!
2015年01月06日 官能基変換チーム 根本耕司研究員が南相馬市で再生可能エネルギーに関する特別講義をしました
2014年11月28日 「平成26年度NRP(ナノテクリサーチプロフェッショナル)コース 育成対象者の募集」が開始されました。
2014年10月10日 9/30 産総研プレス発表報道状況
2014年09月30日 二酸化炭素からポリウレタン原料を効率的に合成
2014年09月09日 8/28産総研プレス発表報道状況
2014年09月01日 分子状ニッケル化合物を用いて二酸化炭素を資源化
2014年07月29日 官能基変換チーム 根本耕司研究員と浅川真澄副研究センター長が南相馬市で再生可能エネルギーに関する実験の出前授業をしました
2014年07月18日 酸化オスミウム触媒 工業レベルでの使用可能に
2014年06月30日 三井化学触媒科学賞記念講演会のご案内
2014年05月23日 5/20産総研プレス発表報道状況
2014年05月20日 砂の主成分であるシリカからケイ素化学産業の基幹原料を効率的に合成
2014年05月09日 革新的酸化チーム 今喜裕主任研究員と佐藤研究センター長が住友精化株式会社と共同でGSC奨励賞を受賞いたしました
2014年05月01日 田村正則総括研究主幹が着任しました。
2014年04月01日 ケイ素化学チーム橋本票亨昌さん、官能基変換チーム井戸洋平さんが平成25年度産総研イノベーションスクールポスドク生として採用されました。
2014年04月01日 田中真司研究員(大阪大学・真島研出身)が着任しました。
2014年02月17日 研究職員募集開始
2014年02月21日 触媒固定化設計チーム深谷主任研究員 が石油学会奨励賞を受賞しました。
2013年10月23日 シンポジウム「触媒技術で拓く化学産業の未来」開催
2013年06月12日 産総研など、機能性樹脂の合成で新手法ー安全で高効率
2013年06月05日 過酸化水素を用いたニトロキシドポリマーの新たな製造法
2013年06月04日 昭和電工、マイクロ波で回路形成する印刷技術を実用化
2013年06月03日 マイクロ波を活用した次世代プリンテッドエレクトロニクス 用材料を開発(昭和電工株式会社)
2013年06月03日 導電性接着剤に用いる塩素フリーの高純度エポキシ化合物を開発
2013年04月24日 電池性能、難燃性が向上
2013年04月19日 産総研 難燃化と性能向上両立 LiB用新規添加剤開発
2013年04月18日 新規リチウムイオン二次電池電解質添加剤を開発
2013年04月17日 始動したシリコーン新製造技術開発
2013年04月01日 触媒化学融合研究センター発足
2013年03月06日 二酸化炭素から医農薬中間体を効率的に合成
2012年09月18日 電子機器の長期信頼性に貢献するエポキシ樹脂の製造技術
2012年05月29日 テルペンを安全かつ高効率にエポキシ化する技術を開発

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2013 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.