ホーム > 研究組織 > 研究チーム > ヘテロ原子化学チーム

ヘテロ原子化学チーム

機能性化合物は、ハイテク産業を支える鍵物質です。当チームでは、非炭素元素資源の有効利用とより機能性の高い材料の発見を目指して、各種機能性ヘテロ元素化合物の省エネ・省資源・環境保全型合成法の開発から、含ヘテロ元素機能性材料の試作までの一貫した研究を行っています。

研究チーム長 深谷 訓久 博士(理学)

研究テーマ

  • 砂や燃焼灰からケイ素化学産業の基幹原料を直接製造
  • S,Se,Te,Pのヘテロ原子化合物の合成法の開発
  • 機能性リン化合物と含リン機能性材料の開発
  • マイクロ波化学反応の開発
  • シラノール類の新規合成法開発
  • シリコーン (ポリシロキサン) の精密合成技術

砂や燃焼灰からケイ素化学産業の基幹原料を直接製造

砂、燃焼灰、産業副産物など安価で豊富な原料を機能性材料に変換可能な技術を開発しています。

S, Se, Te, P のヘテロ原子化合物の 合成法の開発

含S, Se, Te, Pを含むヘテロ原子化合物の効率的な合成法、ならびにこれらヘテロ原子化合物の機能性材料や生理活性物質などの用途開発を行っています。

機能性リン化合物と含リン機能性材料の開発

環境対応型難燃剤ビニルリン類のクリーンな製造プロセスを開発し、商業化しました。光学活性リン化合物の一般的な製造法の開発と、これを用いる実用的不斉合成反応の検討も行っています。

マイクロ波化学反応の開発

マイクロ波を利用した機能性化学品・材料の効率的製造のために、化学物質のマイクロ波吸収特性の評価と、触媒技術を組み合わせた革新的化学反応の開発を検討しています。

シラノール類の新規合成法開発

ガラスの基本単位であるオルトケイ酸とそのオリゴマーの合成法を開発しています。

シリコーン (ポリシロキサン) の精密合成技術

分子量や末端構造が制御されたシリコーンを簡便な操作で合成する技術を開発しています。

先頭へ

メンバー

役職 氏名 メールアドレス
研究チーム長 深谷 訓久 n.fukaya
上級主任研究員 韓 立彪 libiao-han
主任研究員 山下 浩 hiro-yamashita
主任研究員 五十嵐 正安 masayasu-igarashi
研究員 渕瀬 啓太 k-fuchise
特定集中研究専門員 石原 吉満 yoshimitsu-ishihara
特定集中研究専門員 野田 大輔 daisuke-noda
産総研特別研究員 野澤 竹志 t.nozawa
テクニカルスタッフ 小林 敏明 t.kobayashi
テクニカルスタッフ 山本 美恵 beh-yamamoto
テクニカルスタッフ 羽鳥 真紀子 m-hatori
テクニカルスタッフ 堀越 俊雄 toshio-horikoshi
テクニカルスタッフ 松本 朋浩 tomohiro-matsumoto
テクニカルスタッフ 八木橋 不二夫 f-yagihashi
テクニカルスタッフ 三浦 直子 n-miura
アシスタント 岡田 睦 okada-mu

*後ろに@aist.go.jpを付けて下さい。

他、産学官制度来所 21名

先頭へ

研究成果

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2020 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.